2016年06月28日

6/12のバラたち

 今年になって、花屋さんで苗を見つけて買ったバラが、いくつもあります。それが一つ一つ咲いてきました。今日、咲いたバラをご紹介します。まずピンクのドレスを思わせる「ブライダルピンク」。切って、机に置きました。
DSCN1861.JPG

DSCN1855.JPG
 淡いピンクの縁取りが上品な「プリンセス・ドゥ・モナコ」。ゴージャスで、優しい雰囲気にうっとりします。
DSCN1863.JPG
 ツボミをたくさんつけて、鮮やかなオレンジ色で咲いていたのが「ブラスバンド」。これも切って、ガラスの瓶に入れました。
DSCN1854.JPG
 去年、鉢から地植えしたニコールが、一斉に咲きだしました。これはバラの手入れを教えてくださったKさんからいただいた大好きなバラです。ツボミも、咲きかけ花も、咲いた花もトレードマークは、ハッキリしたピンクの縁取りです。
DSCN1869.JPG

DSCN1870.JPG

DSCN1871.JPG
 また新しいバラが咲きましたら、ご紹介しますね。
posted by 御殿場教会 at 00:50| トピックス

2016年06月23日

6/12 子供を祝福する合同礼拝をおこないました

 6月の第2週は「子供の日、花の日」なので、御殿場教会では、子供と大人の合同礼拝を行い、礼拝後に子供たち一人一人を牧師が祝福し、教会全体で「アーメン」と声を合わせます。今回、礼拝で祝福を受けた子供たちは、小学生から赤ちゃんまで5名でした。
 子供たちを祝福してから、一人一人を教会の皆さんに紹介しました。子供たちが神様の愛に包まれて成長できるよう、これからも教会全体で祈り、支えていきたいです。
160612_1636~01.jpg
 祝福礼拝の記念に、魚の形のクッキーを、礼拝に来られた方、全員にプレゼントしました。魚は「2匹の魚と5つのパン」の奇跡物語が福音書に出てくるほか、「イエス・キリスト・神の子・救い主」をギリシャ語で書いた時の頭文字を並べると「イクスース」(ギリシャ語で魚)となります。そのため魚の形は、キリスト者を表すしるしにもなっています。
 クッキーは松崎十字の園で作っていただきました。とてもかわいくて、おいしいクッキーです。
160612_1638~01.jpg
posted by 御殿場教会 at 02:05| トピックス

2016年06月16日

6/10 教会駐車場のバラも見頃です

 教会のバラは庭だけでなく、駐車場の入り口にも咲いています。すぐそばにある「サルスベリ」の古木に虫が住み着いていて、昨年はバラにも虫の被害が出ました。そのため「サルスベリ」の虫食いの枝を剪定したら、今年はバラたちが元気に咲いて、今、ちょうど見頃です。
DSCN1847.JPG

DSCN1853.JPG
 平咲きでピンクのつるバラや、小さくて真っ赤なバラ、モコモコのピンクのバラたちがツボミをたくさんつけて咲いています。
DSCN1849.JPG

DSCN1850.JPG

DSCN1852.JPG
 特にピンクのつるバラは、去年まで鉢植えで牧師館の玄関に置いてましたが、地植えにしたら勢い良く枝を伸ばし出しました。やはり深く地面に根を張る方が、バラも気持ちが良いみたいです。
でも駐車場の入り口なので、車の出入りに邪魔にならないよう、支柱で柵をしています。太目の支柱は物干し竿。廃物利用でエコしています。
DSCN1851.JPG
posted by 御殿場教会 at 03:59| トピックス

2016年06月13日

5/28 バラが見頃になってきました

DSCN1830.JPG

DSCN1841.JPG
 5月下旬になって、教会のバラが見頃になってきました。教会のスロープ横にある鉢植えのバラも、去年より多めに咲いています。
DSCN1826.JPG
 牧師館側の庭も、つるバラが長く伸びてきました。今年初めて咲いた桜みたいなカワイイつるバラたちもあり、とてもにぎやかです。
DSCN1842.JPG
DSCN1843.JPG
DSCN1844.JPG
 通りがかりの人たちが足を止めて、教会のバラに見入っています。でも牧師館側にあるバラは、教会のバラだと気づかない人が多いみたいです。もっと目立つ看板とか、十字架を立ててアピールした方が良いかもしれません。
DSCN1827.JPG
DSCN1828.JPG
 牧師館の奥の庭にも、新しいバラが次々と咲きだして、これから秋の終わり頃まで、楽しめます。天気予報で、雨降りの予想が出ると、前もって散りそうなバラの花を多めに切ります。雨に打たれて、花弁がたくさん落ちてしまい、後の手入れが大変になるからです。もしバラが少ないなと思ったら、それは雨降りに備えて、手入れしたということで、ご勘弁を。
DSCN1846.JPG
DSCN1838.JPG
DSCN1837.JPG
DSCN1836.JPG
 今日のバラの写真を記録に残して、去年と比べたり、来年の参考にしたりします。年々変わっていく庭の姿を見比べる楽しみにもなります。来月は、駐車場の入り口にあるバラの写真を載せる予定です。
posted by 御殿場教会 at 01:49| トピックス

2016年05月24日

5/15 ミニコンサートを行いました。

 5/15は弟子たちに聖霊がくだり、伝道が開始されて、教会が生み出されたことを記念して献げられたペンテコステ礼拝でした。聖霊の導きを求めながら、共に神様の言葉に聞き、聖餐式にあずかりました。
IMG_8373.JPG
 午後からは子供と大人のミニコンサートです。今回で二回目。キーボード、パイプオルガン、ヴァイオリン、琴、ハーモニカ、ギターとそれぞれ楽器を持ち寄り、演奏し、プロジェクターで映し出した歌詞を見ながら、皆で合唱。子供たちも大人も楽しく生き生きと演奏していて、聞いている方もとてもハッピーになりました。
 来年も行います。一時間余りのコンサートです。今回、見逃してしまった方は、次回はぜひ、ミニコンサートにいらしてください。
IMG_8411.JPG
posted by 御殿場教会 at 14:43| トピックス

2016年02月14日

1/31 冬越えのため、バラの剪定と追肥をしました

 寒い御殿場の冬を乗り越えて、春にまた丈夫な花をたくさん咲かせるために、教会の庭のバラを剪定しました。指導してくださるのは、ボランティアのKさん。礼拝後の午後2時から来てくださり、次々とバラの枝を剪定していきます。まだツボミや花が咲いている枝もあります。でも容赦なく枝は切られて、枝の長さも半分以下になりました。私たちも心を鬼にして、剪定ばさみを握りしめます。そして「ごめんね。これをしないと、みんな元気に育たないのよ」と心で言いながら、枝を切り詰めました。
160131_1507~01.jpg
 その後には、何種類かの肥料を混ぜて、バラの苗のそばに穴を掘り、追肥をします。すべての苗を剪定して、追肥するのは大仕事です。そしてこれを毎年、繰り返し行わなくてはなりません。だから今回の剪定の具合を忘れないよう、切り詰めた枝の長さや、追肥する肥料を写真にとっておくことにしました。そして最後は水やり。もう辺りは、日が傾いて冷え込んできました。Kさん、遅くまでありがとうございました。
160131_1517~03.jpg
 今は丸刈りされた頭のように、すっかり淋しくなった教会の庭ですが、春になったら枝を大きく伸ばして、きれいなバラがたくさんの花を咲かせるでしょう。楽しみにしていてください。
posted by 御殿場教会 at 03:26| トピックス

2016年01月25日

1/24 雪が残る日の礼拝

 先週の初めに降った雪が凍ったまま、まだたくさん残っています。雪かきしたので、人が1人、通れる分だけの道は教会まで通じています。でも安全のため、教会学校が始まる前にお湯で溶かしたり、スコップで道を広げたりしてました。そこに教会のそばに住む青年が、スコップを持って助っ人に来てくれました。
 牧師は教会学校の説教があったので、途中退場。彼にバトンタッチです。そして教会学校の説教が終わって来てみたら、教会までの通路を占領していた雪がどかされて、道がすっかり広くなっていました。これなら後から、大人の礼拝に来られる教会員の方々も、安心して歩いて通れます。通路にあった雪は、駐車場の隅に山になって積まれていました。
160124_0955~02.jpg

160124_0954~01.jpg

160124_0955~01.jpg
 礼拝は、牧師1人ではできません。神様の礼拝への招きに応えて、多くの祈りや時間、労力などが、喜びと感謝と共に献げられることで成立します。この日も多くの献げものによって、無事に礼拝が行われました。感謝です。
posted by 御殿場教会 at 16:17| トピックス

2016年01月20日

1/17 吉沼祥夫先生が説教に来られました。

 中島牧師が12日から1週間、休暇中なので、1/17の子供の礼拝、大人の礼拝は元香貫教会の牧師・吉沼祥夫先生に来ていただいて、説教を語っていただきました。
2016117  IMG_6470(30%).jpg
 大人の礼拝説教は「待ち望まれている福音」と題して、使徒言行録16章6−10節から、じっくり語っていただきました。昨年度は牧師が休暇を取らなかったので、教会の方々は、東海連合長老会の講壇交換以外、他の先生方の説教を聴く機会がほとんどありませんでした。今回、吉沼先生に説教をしていただいたことで、他の先生が説教を語っても「福音は一つだ」ということを実感する良い機会になりました。
 吉沼先生は朝早くから、寒い中、遠方から御殿場教会に駆けつけてくださり、本当に感謝でした。吉沼先生のすべてを神様が祝福し、守ってくださいますように。
2016117  IMG_6471(30%)-1.jpg
posted by 御殿場教会 at 04:06| トピックス

2016年01月11日

1/3 CSおもてなし会で、韓国のお雑煮を食べました。

 毎年、新年合同礼拝の後は、いつも教会の方々にお祈りしていただいている感謝をこめて、教会学校がおもてなし会として昼食会をしています。でも今年は、お手伝いできる年頃の子供たちが礼拝に来られなくて、準備も食前の感謝のお祈りも、教会員の方々にすべてやっていただきました。
160103_1221~01.jpg
 メニューは韓国のお雑煮。出汁が効いていて、おもちも伸びたり溶けたりしないから、喉に詰まらせる心配もなく、とてもおいしいお雑煮です。更にキムチ、お肉、果物も並びました。まだ新年の3日なので、仕事が休みの青年たちが多く礼拝に出席して、昼食会にも残ってくれました。
 そして昼食後は、クリスマスの飾り付けを、みんなで協力して片づけました。1/6が公現日で、その日までクリスマス期間なので、飾り付けをしておいて良いのですが、脚立に乗って、教会の玄関の飾り付けを取り外すには、青年たちの助けが必要です。だから今日、全部、クリスマスの飾り付けは片づけました。
 3日は夕礼拝もありました。礼拝出席は3名だけで、家庭礼拝のような雰囲気でした。
posted by 御殿場教会 at 05:29| トピックス

2016年01月10日

12/23 イブ礼拝とクリスマスコンサート

 例年、12/23の祝日に、御殿場教会ではイブ礼拝とクリスマスコンサートを行っています。ここ数年、武久源造先生と山口眞理子先生が来てくださり、イブ礼拝の奏楽は勿論のこと、クリスマスコンサートでは、毎回すばらしい演奏を聴かせてくださいます。
DSCN1381.JPG
 プログラム作成のギリギリまで、演奏曲をお2人で考えてくださったとのことで、演奏を聴いていて「なるほどね」と思わされました。最初はチェンバロは含まれていなかったのですが、チョンバロが入ったことで、曲の層が広がりました。曲目はアンコールを含めて、全部で8曲。一つ一つを武久先生が分かりやすく解説してくださるので、曲を聴きながら、情景が目に浮かんできます。
DSCN1337.JPG

DSCN1344.JPG
 コンサートに初めて来られた方も多くおられましたし、毎年のコンサートを楽しみにしておられる常連さんもいます。また教会員で、ヴァイオリンやピアノを習っている方々は、お2人の演奏にくぎ付けになっていました。
DSCN1370.JPG
 山口先生のヴァイオンリンは迫力が増していました。武久先生の演奏は言うまでもなく、いつも新しい驚きがあります。バッハの「パルテータ5番 ト長調 BWV829」が演奏されたのですが、20分近い曲を、武久先生が鮮やかにフォルテピアノで演奏されました。今年、武久先生がフォルテピアノで演奏するバッハのパルティータ全曲(第1〜第6)のCDが発売されたので購入し、仕事中のBGMで聴いていました。全曲だと2時間以上の演奏時間になる曲です。あとで先生に聞いてみましたら「全曲、頭に入っているよ。そして年を重ねる毎に記憶力が良くなってきてるみたい」と言われて、またまたビックリ。
DSCN1355.JPG
 受付では先生方のCDが販売され、その場でCDに先生方がサインをしてくださいました。茶話会にも、多くの方が残られて、演奏の余韻を楽しみつつ、歓談されていました。そしてうれしいことに、先生方は2016年も御殿場教会のクリスマスコンサートに来てくださる約束をしてくださいました。2015年、聞き逃された方は、どうぞ2016年のコンサートはお聴き逃しのないよう、ぜひいらしてください。
 なお、イブ礼拝で献げられた献金は、関係福祉施設にお届けします。領収書が来ましたら、ホームページに掲載してお知らせいたします。ご協力、ありがとうございました。
posted by 御殿場教会 at 23:25| トピックス