2017年03月25日

3/15 125年史が発行されました

20170315_125年史.jpg 計画を立ててから、途中で中断したり難産の末でしたが、ようやく「125年史」を発行することが出来ました。タイトルは「バラは咲く 125年史記念文集」です。
 御殿場教会はバラ宣教師の熱い伝道魂から、この地に誕生した教会です。バラ宣教師のお名前に因み、教会に多くのバラを植えました。教会のバラを見るたびに、困難の中でも伝道し続けた信仰の先輩方の信仰を思い起こして、私達も伝道し続けるため、「バラは咲く」というタイトルにしました。
 御殿場教会を伝道牧会してくださった先生方からの寄稿文のほか、教会の方々の文、年表、写真が収められています。関係者、関係教会などに、随時配布しています。
posted by 御殿場教会 at 16:07| トピックス

2017年02月14日

2/12 受洗者が与えられました

 2015年の11月に初めて教会に来てから、毎週、一度も欠かすことなく礼拝に通い続けていた方が、2月12日の礼拝の中で、洗礼を受けました。洗礼に至るまで、多くの困難がありますが、神様を求め続けていけば、必ず道は拓かれます。今回もそうでした。礼拝後に、教会の方々に紹介して、記念の聖書を教会からお渡ししました。教会には他にも求道中の方々がおられます。一日も早く洗礼へと導かれるよう、更に皆で祈りを合わせていきたいと願っています。
DSC00382.JPG
posted by 御殿場教会 at 01:59| トピックス

2017年01月20日

1/15 平向神学生がお越し下さいました

平向神学生.jpg
1月15日、牧師が久々の休暇で不在でしたが、平向神学生をお迎えして礼拝が行われました。
平向氏は長きにわたり富士教会の長老を務めていましたが、58歳の時、神様の召しに意を決し、牧師になるべく東京神学大学の門をたたきました。
礼拝後の昼食会では、奥様への感謝やご子息への愛情、神学大学の内情などを話し終えた後「ああ、また喋り過ぎてしまった」と顔を赤らめる無邪気な一面をのぞかせてくれました。
そんな無邪気な愛に満ちあふれた素晴らしい説教でした。ありがとうございました。
posted by 御殿場教会 at 21:48| トピックス

2017年01月09日

12/23 イブ礼拝とクリスマスコンサート

 今年もイブ礼拝の後、クリスマスコンサートが行われました。教会のパイプオルガンを武久源造先生、ヴァイオリンを山口眞理子先生が演奏してくださり、そこに神山直子先生のソプラノの歌声が加わって、とても華やかなコンサートになりました。武久先生の解説は毎回、評判が高く、作曲家や曲の理解を深める手助けをしてくださいます。
DSCN2215.JPG
 山口先生はヘンデルのヴァイオリン・ソナタ ニ長調を、武久先生と共に優雅に演奏してくださいました。お二人の息はピッタリ合っていて、見事でした。
DSCN2217.JPG
 神山先生は、ヘンデルの「メサイヤ」から、良く知られたアリアを豊かな声量で歌ってくださったほか、バッハのアリアや古い讃美歌なども表情豊かに歌ってくださいました。
DSCN2243.JPG
 今回はアリアや讃美歌の歌詞をプログラムに印刷してあったので、歌っている歌詞の意味を、皆が理解することが出来ました。そしてアンコールの時には、讃美歌を会衆と一緒に歌いました。
DSCN2193.JPG
 最後に、教会学校の子供たちから3人の先生方に、花束と大きな拍手が送られました。また来年も、楽しいコンサートが企画されますので、どうぞいらしてください。
DSCN2266.JPG
posted by 御殿場教会 at 21:18| トピックス

2016年12月05日

11/3東海連合長老会・長老執事修養会が御殿場教会で行われました。

 秋晴れの11/3。受付時間前から東海連合長老会の諸教会から、参加者が集合してきました。今年の長老執事修養会のテーマは「郷里の擁護」。講師は葉山教会の中村健一牧師。長老会にとって、教理の擁護は大切な務めの一つです。教理というと難しく感じる方もあるかと思いますが、中村先生は教理とは「正しい信仰の筋道」という言葉に置き換えて、分かりやすく語ってくださいました。
161103_1043~01.jpg
 講演の後に6つの分団に分かれて、諸教会が同じテーマについて語り合いました。自分たちの教会の例を挙げながら、具体的な話し合いが進みます。このようなことが出来るのも、同じ信仰告白のもとにある教会の群れだからこそ。お互いの教会の信仰が健全であるために、情報を交換し合い、語り合い、祈りあいます。この積み重ねは、必ず大きな祝福の実を結ぶことになるでしょう。
posted by 御殿場教会 at 16:33| トピックス

2016年09月07日

8/28 夏の特別伝道礼拝

藤盛勇紀.JPG 
 藤盛勇紀牧師(富士見町教会)をお迎えして、8/28に特別伝道礼拝を行いました。放蕩息子の箇所から、優しく、そして深く、御言葉を解き明かしてくださいました。藤盛牧師は多忙な方なのですが、ご都合をつけてくださり、恵まれました。
 当日は、中島牧師が駿府教会の説教奉仕に出かけていたのですが、御殿場教会に戻ってきた時、集会室では藤盛牧師を囲んで話が弾んでいました。藤盛牧師も夏休みが取れないそうです。どうぞお体を大切になさってください。ありがとうございました。
posted by 御殿場教会 at 23:17| トピックス

7/31-8/1 富士教会と合同キャンプに行きました。

DSCN1963.JPG 
 ここ数年、富士教会と合同の夏期キャンプを朝霧高原で行っています。広い施設の庭で子供や青年、大人も、のびのび遊べます。遊ぶだけではなく、今年のキャンプのテーマは「聖霊…赦されて生きる喜び」です。このテーマに沿った即興劇を、3つのグループで作り上げて、発表します。それぞれのアイディアがすばらしく、また演じる一人一人が大人も子供も楽しんでやっています。
DSCN1978.JPG 
 この写真は、屋根を破って、部屋の中にいるイエス様の前に運び込まれる中風の男の癒しの場面。富士教会が本物の担架を用意してきて、本格的です。聖書の物語を学ぶだけでなく、演じることで、聖書の世界に深く入っていけます。
 学びと交わりの後は、近くで牧場体験です。牛に草をむしってきて食べさせたり、牛の乳しぼりをしたり、また生乳でバターを手作りしたり…。心もお腹もいっぱいになりました。そうそう、牧場で、テレビのロケもやってました。
DSCN2036.JPG
今年、参加できなかった方はぜひ来年、参加してください。楽しいですよ。
posted by 御殿場教会 at 22:41| トピックス

2016年07月13日

7/8 御殿場教会のバラとバラ宣教師の解説の看板が出来ました。

 ずっと御殿場教会のバラの手入れを指導してくださっている地元のKさんが、教会のバラとバラ宣教師の関係を書いて、周りに教会や富士山、バラの絵も手書きして、バラの庭(教会と牧師館の通路)に立ててくださいました。すべて手作りです。じっくりご覧ください。心がこもっている暖かい看板です。
160708_1526~01.jpg
 この看板を見てくだされば、このバラが教会のバラだと一目で分かります。また御殿場教会がバラ宣教師によって生まれた100年以上の歴史を持つ教会だということも、分かってもらえます。牧師館と教会の私道を通り抜ける人たちが、足を止めてバラを見るついでに、看板を見て、御殿場教会に関心を持ってくださることを心から祈っています。
20160708 マリアカラスDSCN1955.JPG
posted by 御殿場教会 at 23:37| トピックス

6/16−18の教会のバラ紹介

 次々と新しいバラや、名前は分からないけど、ゴージャスなバラが咲いているので、ご紹介します。最初は「アイスバーグ」。真っ白で清楚なバラですが、花が開いていくとますます魅力的になります。
160616_アイスバーグ横1706~01.jpg
160617_アイスバーグ1451~01.jpg 160617_アイスバーグ1516~02.jpg
 昨年、地植えした「パローレ」が今年初めて咲きました。大輪の濃いピンクで良い香りがします。鉢植えの「伊豆の踊子」もようやく本調子になって、全体が黄色の花を咲かせるようになりました。今年買った苗の「ブライダルピンク」や「プリンセス・ドゥ・モナコ」も、ピンクのカワイイ花をつけてくれるので、切っては飾っています。オレンジの「ローラ」が返り咲きしました。
160617_今年最初パローレ1453~01.jpg 160617_伊豆の踊り子1452~01.jpg
160617_ブライダルピンク1449~02.jpg 160618_ブライダルピンク2133~01.jpg
160618_モナコ2134~01.jpg 160617_1451~02.jpg
 庭には名前が分からないバラがいくつもあって、立派な花をつけているのですが、カタログだけでは名前を確定できず、残念。それでも元気に咲いて、道行く人たちを楽しませています。
160618_庭のバラ1838~01.jpg 160618_庭のバラ1839~01.jpg
posted by 御殿場教会 at 20:56| トピックス

2016年06月28日

6/14 教会と教会の庭に、十字架と光のラインが輝いてライトアップ

 教会の庭のバラは、牧師館側にあります。そのため教会と牧師館の間の私道を通り抜ける人たちは、牧師館側のバラが教会のバラだと気がつきません。何とかしたいなと思っていた時、教会の方がクリスマスの時の飾りに使うライトで、白い十字架と、それを取り囲むようなカラーのライトをバラの柵に設置。さらに教会の壁にもカラーライトを垂らすように取りつけてくれました。
DSCN1883.JPG

DSCN1885.JPG

DSCN1886.JPG
 ソーラーなので暗くなると自然に光を放ちます。夕方から明け方の4時頃までチカチカ光っていて、遠くからも目立ちます。夜、コンビニに来た人も、真っ白な十字架が輝いているので、牧師館側も教会なんだと、すぐに分かるでしょう。1人でも教会に興味を持って、礼拝に来てくれるよう、深い祈りが込められている光です。一晩中、牧師館の周りが明るいので、防犯にも一役買っています。
DSCN1891.JPG

DSCN1898.JPG

DSCN1901.JPG

DSCN1904.JPG

DSCN1902.JPG
posted by 御殿場教会 at 02:12| トピックス