2014年03月20日

2/9と2/16は大雪の中での礼拝でした

no-title 今年は大雪の当たり年なのでしょうか。2/9は腰あたりまで雪が積もって、礼拝前の雪かきが大変でした。
 でも2/16は、礼拝に備えて前日から1日中、雪かきをしましたが、それでも人がようやく1人通れるくらいの道しか作れませんでした。なにしろ雪が胸の高さくらいあるので、それをさらに頭の高さまでスコップで放り投げなくてはなりません。2回目に降った雪は水分が多い湿った雪で、とても重たくて、凍っています。教会まで歩く道を作りましたが、ツルツルですべりそうなので、すだれを敷いて、とりあえず滑り止めにしました。
 礼拝は、車は動けないので、自宅から雪に埋もれながら、転びながら、雪道を歩いてきて人たちが集まり、守りました。本当に少人数の礼拝でしたが、でも聖霊に満たされた礼拝でした。神様に感謝です。そして少人数だったので、礼拝後、集会室で温かいお茶を飲んでから、みんなで祈りを合わせました。
 帰りは、牧師館の屋根近くまで積もった雪の脇に作った道を通って、それぞれ帰って行きました。みんな無事に帰ることができて、ホッとしました。
posted by 御殿場教会 at 03:04| トピックス