2017年01月09日

12/23 イブ礼拝とクリスマスコンサート

 今年もイブ礼拝の後、クリスマスコンサートが行われました。教会のパイプオルガンを武久源造先生、ヴァイオリンを山口眞理子先生が演奏してくださり、そこに神山直子先生のソプラノの歌声が加わって、とても華やかなコンサートになりました。武久先生の解説は毎回、評判が高く、作曲家や曲の理解を深める手助けをしてくださいます。
DSCN2215.JPG
 山口先生はヘンデルのヴァイオリン・ソナタ ニ長調を、武久先生と共に優雅に演奏してくださいました。お二人の息はピッタリ合っていて、見事でした。
DSCN2217.JPG
 神山先生は、ヘンデルの「メサイヤ」から、良く知られたアリアを豊かな声量で歌ってくださったほか、バッハのアリアや古い讃美歌なども表情豊かに歌ってくださいました。
DSCN2243.JPG
 今回はアリアや讃美歌の歌詞をプログラムに印刷してあったので、歌っている歌詞の意味を、皆が理解することが出来ました。そしてアンコールの時には、讃美歌を会衆と一緒に歌いました。
DSCN2193.JPG
 最後に、教会学校の子供たちから3人の先生方に、花束と大きな拍手が送られました。また来年も、楽しいコンサートが企画されますので、どうぞいらしてください。
DSCN2266.JPG
posted by 御殿場教会 at 21:18| トピックス