2016年01月10日

12/23 イブ礼拝とクリスマスコンサート

 例年、12/23の祝日に、御殿場教会ではイブ礼拝とクリスマスコンサートを行っています。ここ数年、武久源造先生と山口眞理子先生が来てくださり、イブ礼拝の奏楽は勿論のこと、クリスマスコンサートでは、毎回すばらしい演奏を聴かせてくださいます。
DSCN1381.JPG
 プログラム作成のギリギリまで、演奏曲をお2人で考えてくださったとのことで、演奏を聴いていて「なるほどね」と思わされました。最初はチェンバロは含まれていなかったのですが、チョンバロが入ったことで、曲の層が広がりました。曲目はアンコールを含めて、全部で8曲。一つ一つを武久先生が分かりやすく解説してくださるので、曲を聴きながら、情景が目に浮かんできます。
DSCN1337.JPG

DSCN1344.JPG
 コンサートに初めて来られた方も多くおられましたし、毎年のコンサートを楽しみにしておられる常連さんもいます。また教会員で、ヴァイオリンやピアノを習っている方々は、お2人の演奏にくぎ付けになっていました。
DSCN1370.JPG
 山口先生のヴァイオンリンは迫力が増していました。武久先生の演奏は言うまでもなく、いつも新しい驚きがあります。バッハの「パルテータ5番 ト長調 BWV829」が演奏されたのですが、20分近い曲を、武久先生が鮮やかにフォルテピアノで演奏されました。今年、武久先生がフォルテピアノで演奏するバッハのパルティータ全曲(第1〜第6)のCDが発売されたので購入し、仕事中のBGMで聴いていました。全曲だと2時間以上の演奏時間になる曲です。あとで先生に聞いてみましたら「全曲、頭に入っているよ。そして年を重ねる毎に記憶力が良くなってきてるみたい」と言われて、またまたビックリ。
DSCN1355.JPG
 受付では先生方のCDが販売され、その場でCDに先生方がサインをしてくださいました。茶話会にも、多くの方が残られて、演奏の余韻を楽しみつつ、歓談されていました。そしてうれしいことに、先生方は2016年も御殿場教会のクリスマスコンサートに来てくださる約束をしてくださいました。2015年、聞き逃された方は、どうぞ2016年のコンサートはお聴き逃しのないよう、ぜひいらしてください。
 なお、イブ礼拝で献げられた献金は、関係福祉施設にお届けします。領収書が来ましたら、ホームページに掲載してお知らせいたします。ご協力、ありがとうございました。
posted by 御殿場教会 at 23:25| トピックス