2015年03月13日

「あゆみ」2014年度版ができました。

 私が2002年、御殿場教会に赴任してから、1年間の信仰生活のことなど、思い思いに綴ってもらって「あゆみ」として発行してきました。2014年度も原稿を募り、無事に発行できました。レイアウトや製本作業は、若い人たちが中心になって奉仕してくれました。とてもうれしかったですし、頼もしかったです。
150313_あゆみできました.jpg
 「あゆみ」には教会学校の子供たちを始め、熟年の教会員まで原稿を寄せてくれました。ほとんどが手書きの文章で、そのまま印刷しているので、活字ばかりの冊子とは違い、味わいがあります。教会学校の小学生が、知っている漢字を使って書いた「神さま、ずっと見守ってくださり、ありがとうございます」の一言は、文字と合わせて、胸にジーンとしみます。また洗礼を受けたばかりの方や洗礼を受けて1年目の方、これから洗礼を受ける方の「今」が綴られています。年数を重ねる毎に、それぞれの信仰が成長して、綴る言葉も変化していくのが楽しみです。
 1年に1度の発行ですが、これで13冊目の発行になりました。昔の「あゆみ」には、天に帰られた方々の言葉もあるので、ささやかではありますが、「あゆみ」は教会にとって大切な信仰の記録です。
posted by 御殿場教会 at 03:00| トピックス