2016年06月28日

6/14 教会と教会の庭に、十字架と光のラインが輝いてライトアップ

 教会の庭のバラは、牧師館側にあります。そのため教会と牧師館の間の私道を通り抜ける人たちは、牧師館側のバラが教会のバラだと気がつきません。何とかしたいなと思っていた時、教会の方がクリスマスの時の飾りに使うライトで、白い十字架と、それを取り囲むようなカラーのライトをバラの柵に設置。さらに教会の壁にもカラーライトを垂らすように取りつけてくれました。
DSCN1883.JPG

DSCN1885.JPG

DSCN1886.JPG
 ソーラーなので暗くなると自然に光を放ちます。夕方から明け方の4時頃までチカチカ光っていて、遠くからも目立ちます。夜、コンビニに来た人も、真っ白な十字架が輝いているので、牧師館側も教会なんだと、すぐに分かるでしょう。1人でも教会に興味を持って、礼拝に来てくれるよう、深い祈りが込められている光です。一晩中、牧師館の周りが明るいので、防犯にも一役買っています。
DSCN1891.JPG

DSCN1898.JPG

DSCN1901.JPG

DSCN1904.JPG

DSCN1902.JPG
posted by 御殿場教会 at 02:12| トピックス

6/12のバラたち

 今年になって、花屋さんで苗を見つけて買ったバラが、いくつもあります。それが一つ一つ咲いてきました。今日、咲いたバラをご紹介します。まずピンクのドレスを思わせる「ブライダルピンク」。切って、机に置きました。
DSCN1861.JPG

DSCN1855.JPG
 淡いピンクの縁取りが上品な「プリンセス・ドゥ・モナコ」。ゴージャスで、優しい雰囲気にうっとりします。
DSCN1863.JPG
 ツボミをたくさんつけて、鮮やかなオレンジ色で咲いていたのが「ブラスバンド」。これも切って、ガラスの瓶に入れました。
DSCN1854.JPG
 去年、鉢から地植えしたニコールが、一斉に咲きだしました。これはバラの手入れを教えてくださったKさんからいただいた大好きなバラです。ツボミも、咲きかけ花も、咲いた花もトレードマークは、ハッキリしたピンクの縁取りです。
DSCN1869.JPG

DSCN1870.JPG

DSCN1871.JPG
 また新しいバラが咲きましたら、ご紹介しますね。
posted by 御殿場教会 at 00:50| トピックス

2016年06月23日

6/12 子供を祝福する合同礼拝をおこないました

 6月の第2週は「子供の日、花の日」なので、御殿場教会では、子供と大人の合同礼拝を行い、礼拝後に子供たち一人一人を牧師が祝福し、教会全体で「アーメン」と声を合わせます。今回、礼拝で祝福を受けた子供たちは、小学生から赤ちゃんまで5名でした。
 子供たちを祝福してから、一人一人を教会の皆さんに紹介しました。子供たちが神様の愛に包まれて成長できるよう、これからも教会全体で祈り、支えていきたいです。
160612_1636~01.jpg
 祝福礼拝の記念に、魚の形のクッキーを、礼拝に来られた方、全員にプレゼントしました。魚は「2匹の魚と5つのパン」の奇跡物語が福音書に出てくるほか、「イエス・キリスト・神の子・救い主」をギリシャ語で書いた時の頭文字を並べると「イクスース」(ギリシャ語で魚)となります。そのため魚の形は、キリスト者を表すしるしにもなっています。
 クッキーは松崎十字の園で作っていただきました。とてもかわいくて、おいしいクッキーです。
160612_1638~01.jpg
posted by 御殿場教会 at 02:05| トピックス

2016年06月16日

6/10 教会駐車場のバラも見頃です

 教会のバラは庭だけでなく、駐車場の入り口にも咲いています。すぐそばにある「サルスベリ」の古木に虫が住み着いていて、昨年はバラにも虫の被害が出ました。そのため「サルスベリ」の虫食いの枝を剪定したら、今年はバラたちが元気に咲いて、今、ちょうど見頃です。
DSCN1847.JPG

DSCN1853.JPG
 平咲きでピンクのつるバラや、小さくて真っ赤なバラ、モコモコのピンクのバラたちがツボミをたくさんつけて咲いています。
DSCN1849.JPG

DSCN1850.JPG

DSCN1852.JPG
 特にピンクのつるバラは、去年まで鉢植えで牧師館の玄関に置いてましたが、地植えにしたら勢い良く枝を伸ばし出しました。やはり深く地面に根を張る方が、バラも気持ちが良いみたいです。
でも駐車場の入り口なので、車の出入りに邪魔にならないよう、支柱で柵をしています。太目の支柱は物干し竿。廃物利用でエコしています。
DSCN1851.JPG
posted by 御殿場教会 at 03:59| トピックス

2016年06月13日

5/28 バラが見頃になってきました

DSCN1830.JPG

DSCN1841.JPG
 5月下旬になって、教会のバラが見頃になってきました。教会のスロープ横にある鉢植えのバラも、去年より多めに咲いています。
DSCN1826.JPG
 牧師館側の庭も、つるバラが長く伸びてきました。今年初めて咲いた桜みたいなカワイイつるバラたちもあり、とてもにぎやかです。
DSCN1842.JPG
DSCN1843.JPG
DSCN1844.JPG
 通りがかりの人たちが足を止めて、教会のバラに見入っています。でも牧師館側にあるバラは、教会のバラだと気づかない人が多いみたいです。もっと目立つ看板とか、十字架を立ててアピールした方が良いかもしれません。
DSCN1827.JPG
DSCN1828.JPG
 牧師館の奥の庭にも、新しいバラが次々と咲きだして、これから秋の終わり頃まで、楽しめます。天気予報で、雨降りの予想が出ると、前もって散りそうなバラの花を多めに切ります。雨に打たれて、花弁がたくさん落ちてしまい、後の手入れが大変になるからです。もしバラが少ないなと思ったら、それは雨降りに備えて、手入れしたということで、ご勘弁を。
DSCN1846.JPG
DSCN1838.JPG
DSCN1837.JPG
DSCN1836.JPG
 今日のバラの写真を記録に残して、去年と比べたり、来年の参考にしたりします。年々変わっていく庭の姿を見比べる楽しみにもなります。来月は、駐車場の入り口にあるバラの写真を載せる予定です。
posted by 御殿場教会 at 01:49| トピックス