2016年01月25日

1/24 雪が残る日の礼拝

 先週の初めに降った雪が凍ったまま、まだたくさん残っています。雪かきしたので、人が1人、通れる分だけの道は教会まで通じています。でも安全のため、教会学校が始まる前にお湯で溶かしたり、スコップで道を広げたりしてました。そこに教会のそばに住む青年が、スコップを持って助っ人に来てくれました。
 牧師は教会学校の説教があったので、途中退場。彼にバトンタッチです。そして教会学校の説教が終わって来てみたら、教会までの通路を占領していた雪がどかされて、道がすっかり広くなっていました。これなら後から、大人の礼拝に来られる教会員の方々も、安心して歩いて通れます。通路にあった雪は、駐車場の隅に山になって積まれていました。
160124_0955~02.jpg

160124_0954~01.jpg

160124_0955~01.jpg
 礼拝は、牧師1人ではできません。神様の礼拝への招きに応えて、多くの祈りや時間、労力などが、喜びと感謝と共に献げられることで成立します。この日も多くの献げものによって、無事に礼拝が行われました。感謝です。
posted by 御殿場教会 at 16:17| トピックス

2016年01月20日

1/17 吉沼祥夫先生が説教に来られました。

 中島牧師が12日から1週間、休暇中なので、1/17の子供の礼拝、大人の礼拝は元香貫教会の牧師・吉沼祥夫先生に来ていただいて、説教を語っていただきました。
2016117  IMG_6470(30%).jpg
 大人の礼拝説教は「待ち望まれている福音」と題して、使徒言行録16章6−10節から、じっくり語っていただきました。昨年度は牧師が休暇を取らなかったので、教会の方々は、東海連合長老会の講壇交換以外、他の先生方の説教を聴く機会がほとんどありませんでした。今回、吉沼先生に説教をしていただいたことで、他の先生が説教を語っても「福音は一つだ」ということを実感する良い機会になりました。
 吉沼先生は朝早くから、寒い中、遠方から御殿場教会に駆けつけてくださり、本当に感謝でした。吉沼先生のすべてを神様が祝福し、守ってくださいますように。
2016117  IMG_6471(30%)-1.jpg
posted by 御殿場教会 at 04:06| トピックス

2016年01月11日

1/3 CSおもてなし会で、韓国のお雑煮を食べました。

 毎年、新年合同礼拝の後は、いつも教会の方々にお祈りしていただいている感謝をこめて、教会学校がおもてなし会として昼食会をしています。でも今年は、お手伝いできる年頃の子供たちが礼拝に来られなくて、準備も食前の感謝のお祈りも、教会員の方々にすべてやっていただきました。
160103_1221~01.jpg
 メニューは韓国のお雑煮。出汁が効いていて、おもちも伸びたり溶けたりしないから、喉に詰まらせる心配もなく、とてもおいしいお雑煮です。更にキムチ、お肉、果物も並びました。まだ新年の3日なので、仕事が休みの青年たちが多く礼拝に出席して、昼食会にも残ってくれました。
 そして昼食後は、クリスマスの飾り付けを、みんなで協力して片づけました。1/6が公現日で、その日までクリスマス期間なので、飾り付けをしておいて良いのですが、脚立に乗って、教会の玄関の飾り付けを取り外すには、青年たちの助けが必要です。だから今日、全部、クリスマスの飾り付けは片づけました。
 3日は夕礼拝もありました。礼拝出席は3名だけで、家庭礼拝のような雰囲気でした。
posted by 御殿場教会 at 05:29| トピックス

2016年01月10日

12/23 イブ礼拝とクリスマスコンサート

 例年、12/23の祝日に、御殿場教会ではイブ礼拝とクリスマスコンサートを行っています。ここ数年、武久源造先生と山口眞理子先生が来てくださり、イブ礼拝の奏楽は勿論のこと、クリスマスコンサートでは、毎回すばらしい演奏を聴かせてくださいます。
DSCN1381.JPG
 プログラム作成のギリギリまで、演奏曲をお2人で考えてくださったとのことで、演奏を聴いていて「なるほどね」と思わされました。最初はチェンバロは含まれていなかったのですが、チョンバロが入ったことで、曲の層が広がりました。曲目はアンコールを含めて、全部で8曲。一つ一つを武久先生が分かりやすく解説してくださるので、曲を聴きながら、情景が目に浮かんできます。
DSCN1337.JPG

DSCN1344.JPG
 コンサートに初めて来られた方も多くおられましたし、毎年のコンサートを楽しみにしておられる常連さんもいます。また教会員で、ヴァイオリンやピアノを習っている方々は、お2人の演奏にくぎ付けになっていました。
DSCN1370.JPG
 山口先生のヴァイオンリンは迫力が増していました。武久先生の演奏は言うまでもなく、いつも新しい驚きがあります。バッハの「パルテータ5番 ト長調 BWV829」が演奏されたのですが、20分近い曲を、武久先生が鮮やかにフォルテピアノで演奏されました。今年、武久先生がフォルテピアノで演奏するバッハのパルティータ全曲(第1〜第6)のCDが発売されたので購入し、仕事中のBGMで聴いていました。全曲だと2時間以上の演奏時間になる曲です。あとで先生に聞いてみましたら「全曲、頭に入っているよ。そして年を重ねる毎に記憶力が良くなってきてるみたい」と言われて、またまたビックリ。
DSCN1355.JPG
 受付では先生方のCDが販売され、その場でCDに先生方がサインをしてくださいました。茶話会にも、多くの方が残られて、演奏の余韻を楽しみつつ、歓談されていました。そしてうれしいことに、先生方は2016年も御殿場教会のクリスマスコンサートに来てくださる約束をしてくださいました。2015年、聞き逃された方は、どうぞ2016年のコンサートはお聴き逃しのないよう、ぜひいらしてください。
 なお、イブ礼拝で献げられた献金は、関係福祉施設にお届けします。領収書が来ましたら、ホームページに掲載してお知らせいたします。ご協力、ありがとうございました。
posted by 御殿場教会 at 23:25| トピックス

2016年01月06日

12/20 クリスマス礼拝で親子の受洗者が与えられました

 クリスマス礼拝で、若いお母さんと赤ちゃんを含む幼児3人兄弟の洗礼が行われました。小児洗礼は久々だったので、教会全体も大きな喜びをいただきました。
DSCN1259.JPG
IMG_3376.JPG IMG_3377.JPG
 普段は元気に教会で遊んでいる幼児たちですが、洗礼の時は不思議におとなしくなって、ちゃんと洗礼を受けることができました。特にまだ生後5か月の赤ちゃんは、洗礼の最中、ずっと目を開けて、何かを見つめているような様子です。洗礼に立ち会っておられたイエス様を見ていたのかも知れません。
IMG_3381.JPG
 そして説教の後の聖餐式には、洗礼を受けたばかりのお母さんも初めてのパンと杯を受け、イエス様のお体と血潮に与ることができました。
 礼拝後、記念の聖書と幼児たちには洗礼証明書(写真付き)を教会からプレゼント。お母さんと3人の幼児たちは、教会のみんなから祝福されました。
posted by 御殿場教会 at 01:40| トピックス

2016年01月05日

12/18 伝道のために教会カレンダー作成しました

 これまでは年末に市販のカレンダーの下に、御殿場教会の連絡先などをラベルで貼り付けていたのですが、今回2016年の教会オリジナルカレンダーを青年会で作成して100部、印刷しました。富士山と教会と青空の印象的な写真です。伝道のために、色々な方に配布いたしました。まだ残部がありますので、どうぞ教会でお買い求めください。1枚200円です。
 またコンサートにより多くの方に来ていただきたくて、コンサートのポスターを、教会の裏のコンビニや上町病院などにも、貼らせていただきました。
151215_0303~02.jpg 151221_1632~01.jpg
posted by 御殿場教会 at 03:39| トピックス

12/17 教会の看板が新しくなりました

 旧246の道路側に教会看板が設置されています。私が来る前からあった看板で、私が着任した時、牧師の名前だけ書き直していました。ですからざっと30年近く使われた看板です。そのためサビやペンキが剥げ落ちて、みすぼらしい感じでした。教会員の方からも、看板を新しくしましょうとの声があがっていたので、クリスマスを前に、看板を新しくしました。
 緑色のバックに大きく教会の名前だけ「御殿場教会」と書かれています。スッキリして目立つので、初めて来られる方も、すぐ分かると思います。クリスマス前に設置することができて感謝です。
151222_1217~01.jpg 151222_1225~01.jpg
posted by 御殿場教会 at 02:59| トピックス